iPhone4s下取りはお任せください。

高値安定のiPhone下取り額の謎

iPhone5が発表され、iPhone5に買い換えるか、現在の旧型iPhoneやiPhone4sを使い続けるかで迷っている方は多いと思います。
iPhone5の魅力としては、画面がより大きくなったのにも関わらず、筐体のサイズがコンパクトになった事、高速通信(LTE)に対応した事でしょうか。
しかし高速通信(LTE)は地方部等では、まだ対応できていない地域も多く、この点でメリットを感じる事ができるのは、一部のユーザーにとどまると思われます。
この様に考えていくと、従来のiPhoneユーザーは「買い換えはiPhone6まで待ち!今のiPhoneを使い続ける」と冷静に判断する方が多いかもしれません。

 

この考えを補強してくれているのが、iPhoneの下取り価格の推移です。
iPhone5が発表されてからもiPhone4sは強気な価格で推移しています。
softbankで発表されたiPhone5に機種変更する場合の下取りサービス以上の金額を維持している様です。
一般的に下取り価格は経済の基本原則に従います。
それは需要と供給の法則です。
需要、すなわち商品を欲しがる側が多く、供給、すなわち商品を与える側が少ないと価格は高くなります。
この逆に需要が少なく、供給が多くなると価格は低下します。

 

iPhoneの下取り価格が高値で安定しているのは、「しばらく現機種で様子を見よう」と言うユーザーが多く、下取り市場に供給が少ない為かもしれません。