iPhone4s下取りはお任せください。

iPhone4s下取り

iPhone4s下取りについて

 

本日、iPhone5の予約受付が開始されました。
なんと!softbankがiPhone5とiPhone4sの機種変の際「下取りプログラム」を開始するとのことです。

iPhone買取 iPhone4s買取はエコブック


 

新規契約、機種変更で4G/LTE対応スマートフォンを購入したお客さまを対象に、それまでご利用されていたスマートフォンを下取りするプログラムです。
下取り対象機種に応じて毎月のご利用料金から割引します。

 

※新規、もしくはMNPで4G/LTE対応スマートフォンをご購入いただくご本人が、過去にソフトバンクでご利用していた下取り対象機種をお持ちであれば、本プログラム対象となります。
※4G/LTEスマホ家族キャンペーンとは併用できません。
※iPhone 4Sへの機種変更については今回のプログラムの対象外となります。

 

iPhone
[ iPhone 4S ]
64GB 20,000円32GB 18,000円16GB 16,000円
[ iPhone 4 ]
32GB 12,000円16GB 10,000円8GB 8,000円
[ iPhone 3GS (全て)]
5,000円
[ iPhone 3G (全て) ]
4,000円
スマートフォン
[ X06HT、X06HTU、001HT ]
3,000円
[ 001DL、101DL ]
2,000円
液晶画面割れなどの大きな破損がある場合は、下取りできません。
実施期間

2012年9月21日(金)から2012年11月30日(金)まで

 

 

iPhone5に機種変更の場合は
iPhone4sを使っていた人は (毎月1000 円×12 カ月)合計12000 円の下取り
iPhone4を使っていた人は (毎月1000 円×8 カ月)合計8000円の下取り
で下取りし、毎月のご利用料金から割引

 

iPhone4sに機種変更の場合は 
iPhone4を使っていた人は(1000円×8カ月)合計8000円の下取り
で下取りし、毎月のご利用料金から割引

今回の対象機種はiPhone4s、iPhone4ですが・・・
今後、Androidなどを含め順次下取りサービスを拡大していく予定らしいです。

 

 

下取りといっても、月々の電話料金から割引されるだけで、現金にはならないし・・・イマイチ実感がないサービスですね。

 

iPhone4s買取専門店なら、「softbank」以上の価格で買取可能です。

 

現金買取しますので、そのお金で「iPhone5グッズ」を買ってもまだ余る!

 

是非、買取サービスをご利用ください。

 

 

購入時残債が残っているのですが買取可能でしょうか?

減額対象にはなりますが、十分買取可能です。

ネットワーク制限×(赤ロム)状態ですが買取は可能でしょうか?

減額となりますが、買取可能です。

水防、液晶破損の状態でも買取可能でしょうか?

新品の買取価格に比べ大幅な減額にはなりますが、買取可能です。

どんな買取方法がありますか?

直接店舗までお持ちただく「店頭買取コース」、梱包材や宅配便の手配まで全て当社にお任せの「楽々無料宅配コース」、お急ぎのお客様向けの「スピーディーコース」の3種類をご用意しています。
お客様にあったコースをご選択下さい。

 

iPhone買取 iPhone4s買取はエコブック


 

iPhone5下取りについての記事です。↓

 

iPhone下取りでいいとこ取り?

 

いよいよ、待望のiPhone5が発表されましたね。
国内の発売は9月21日からだそうです。
大きくなったディスプレイ、新形状のDock、そして次世代通信サービスLTEに対応など、興味深いポイントは数え切れません。

 

本体価格や各社の料金システムも続々発表され、あとは早く自分の手にするのを待つばかり、という人も多いでしょうけど、
ちょっと待ってください!
今現在、iPhone4や4Sのユーザーはどう思っているのでしょう?
毎年進化することが約束されているiPhone、1年もすれば早くも旧モデルになってしまうことは十分承知の上でしょうけれど、そのたびに買い替えるほど経済的な余裕のない人は特に、今回のニュースをどう受け止めているのでしょうか?

 

はい、お察しのとおり、
私もiPhone4Sのユーザーでございます。
さらに打ち明ければ、育ち盛りの子ども2人を抱える安月給の平サラリーマンです。
「欲しい、買えない、欲しい、買えない」
まるで花占いをするいたいけな少女のごとく、私の心は揺れ動いていました。

 

そんな時、とても嬉しいニュースが飛び込んできたのです。
Softbankが、iPhone5購入時にiPhone4と4Sを対象に「下取りサービス」を行うと発表しました。
iPhone4Sを持っている場合は機種変更時に12,000円で、iPhone4なら8,000円で下取りをしてくれるのです。
実際は現金キャッシュバックという類のものではなく、月々の料金から差し引かれるみたいですが、買い取ってくれることに違いはありません。

 

さすが孫社長、やってくれますねぇ。伊達にツイッターで「やりましょう」を連呼するだけではなかったのですね。
さぁ、これで機種変更のハードルはかなり下がりました。
ほんの少し長くで、ツートンカラーのデザインをまとったiPhone5にグッと引き寄せられています。
やはり最新モデルを手にするというのは、男のカタルシスですから。
少ない負担でiPhone5、これぞまさしく「下取りでいいとこ取り」ですよね。

 

さぁ、あとは最後の難関、奥さんへの「ご機嫌取り」に全力を注ぎます!

 

相互リンク

 

内職 アルバイト
無料相互リンク
FX

 

フィットネスジャパン
中古車
ページランク6 ランクアップ相互リンクステーション
中古パソコン
無料!ビジネス動画&成功ノウハウ

 

HSBC香港の口座開設方法
内職
ケータリング 東京
相性占い
ショッピングカート
Practical Link
妊活ママ、パパの強い味方の不妊サプリ
FX
http://edoziedo.info/

早く使いたいiPhone5

 

今回やっとの思いで、iPhone5が発売するということで、iPhone4をもっている僕としては嬉しい限りです。
僕が一番楽しみにしていて、iPhone5が手に入ったら使ってやろうと思っているのが「Siri」です。この「Siri」というのはiPhone5の1つ前のモデルである、iPhone4Sから使えるものなので、特にiPhone5の新機能というわけではないのですが、僕がもっているのは、iPhone4なので、ずっと使いたくて、ワクワクしていたんです。
iOS6からは「Siri」の精度も格段に良くなるらしく、どれだけこちらの要望を理解してくれるのか期待です。
そしてもうひとつ、僕が注目していることは、カメラの性能です。
どうやらカメラの起動時間や動作の速さが改善されるらしく、iPhone5からは、なにかすぐに写真に収めたいものがあった場合、確実にシャッターが切れるようになっているのではないでしょうか。

 

なにはともあれ、楽しみな事だらけのiPhone5。
早く手にしてやり良いiPhoneライフを満喫したいものです。

 

iPhone下取りの注意点

 

iPhone5が発表され、さっそく買い換えを検討している方も多いと思います。
わくわくする新機種への買い換えですが、ここで問題になるのが、今現在、自分が持っている機種の存在です。
iPhone5を購入しようと言う方は、おそらくiPhoneファン。
今現在、使用している機種はiPhoneの旧機種か、iPhone4sでは無いでしょうか。
このまま引き出しの隅に埋もれ刺すのは、もったいないし、かと言って特に使い道もありません。
家庭の環境によってはメディアプレイヤー代わりにして、子どもに与える位ではないでしょうか。

 

いっその事、下取りサービスを利用すると言う手もあります。
iPhone4sならiPhone5が発売されてもしばらくの間は、そんなに値崩れしない筈です。
通信キャリアのsoftbankでも機種変更時の下取りサービスに関しての発表がありましたし、ネット上を見回せば、様々なiPhoneの下取り業者が存在します。
では、下取りを実際にするとして、どの様な点に気をつけたら良いでしょうか。

 

まずは自分のiPhoneをきれいに掃除しましょう。
通話時に画面についた肌の脂質の汚れ等は、画面清掃用の布で拭くだけでキレイにできると思います。
筐体裏側に手垢等がついている場合も同様です。

 

では筐体のスミに付いた、小さなキズはどうしましょう。
これに関してはどうしようもありません。
キズは無い方が高く査定してくれる筈ですが、まさか個人で筐体の塗装をする訳にも行きません。
しかしこれは、キズの深さによっては裏技があります。

 

この裏技が使えるのは塗料のクリア層にだけ浅いキズが付いている場合です。
ホームセンター等で売っている自動車用の「キズを消す」等の効能が書かれているコーティング剤を購入します。
必要なのは本当に微量ですので、自動車を持っている友人から分けてもらった方が良いかもしれません。
これをキズの部分に塗るだけです。
くれぐれも微量にする事に注意して下さい。
量が多すぎると不自然なテカリが発生したり、塗料が溶けたり、最悪の場合
、故障の原因となってしまいます。

 

iPhone下取りを発表?ソフトバンクの戦略?

 

iPhone5の発売日が迫る中、ソフトバンクからiPhone5への機種変更者に向けたiPhoneの下取りサービスをすると発表された。
iPhone4なら8,000円、iPhone4sなら12,000円で買い取りをするというサービス。
私自身も現在ソフトバンクのiPhone4を利用しており、iPhone5に機種変更することも視野にいれていたため、この情報にはすごく心惹かれるものはありました。
しかしこのサービス利用者は少ないのではないでしょうか?
iPhoneユーザーとしては、iPod,カメラとして今後も利用できることから、むしろ売りたいとは思わないのです。
今まで撮りためていた写真もありますし、なんにせよ音楽が好きな私としてはiPodとして利用できるのであれば、今後も手放さずに使いたいと思うのです。
売ってしまったら、また入っていた音楽データをiPhone5に入れ直さなきゃいけなくなるじゃないですか?手間が増えてしまいますよ。

 

ソフトバンク側としてみれば、対auとして打ち立てたサービスなのでしょうけど、正直なところあまり効力は得られないのではないでしょうか?
au側のサービスとしてテザリングができることが話題にもあがっているように内面での差別化を図ったサービスを増やすべきかと思います。iPhone限定のプランサービスとかどうでしょう?

 

今発表されているサービス内容の段階では、auに移るといっているユーザーが圧倒的に多いですね。
私としては、テザリング機能にそこまで魅力があるとは感じませんでしたが、新しい機能に飛びつくのが知識のない消費者達なのです。口コミでauのほうがいいと騒がれれば簡単に流されてしまうものなのです。iPhone新規購入者は間違いなくauを選ぶでしょうね。

 

発売までまだ数日あるため両者にどのような動きがでるかはわかりませんが、現段階ではauの一人勝ち状態ではないでしょうか。
iPhone5に機種変更するかしないかは別としても、ソフトバンクユーザーとしては、今後の利用者サービスの発表に期待しております。

 

ソフトバンクの下取りプログラムについて

 

iPhone5の予約受付が9月14日から始まりました。そして9月21日午前8時より販売が開始されるとのことです。
個人的には少し様子を見守ってから予約しようかな…

 

と考えたのでまだ予約にはいたっていませんが、
ソフトバンクからiPhone4、iPhone4Sの下取りプログラムの提供が発表されたという記事を目にして、ちょっと迷っています。

 

これはもしや早く予約した方がお得?

 

そこでソフトバンクのサイトに行って詳しいことを調べてみました。
iPhone4は8,000円、iPhone4Sは12,000円で下取り値引きしてもらえるようです。
割引は分割で行われるようで、
「iPhone4の場合は1,000円×8ヶ月、iPhone4Sの場合は1,000円×12ヶ月」
となっています。

 

ちなみに私は現在iPhone4を使用しているので、
毎月1,000円が8ヶ月間割り引かれることに。

 

うーん、これはお得かも!?

 

しかしこれまでいろいろな携帯電話を使ってきた経験上、
何か新しいお得なプランが出現しても
一件得そうに見えるんだけれどよく調べたら支払総額は変わらないという
不思議なカラクリになっていることがあります。

 

なのでここはじっくり考えたほうがいいかも、と思い、
もう少し考えてみました。
ちなみに一般的なお店で下取りしてもらうといくらになるのでしょう。

 

さっそくGoogleで検索です。
iPhoneの高額買取を大きくうたっているサイトで調べてみるとなんと、
私の使っているiPhone4/32GBは上限26,000円、下限でも12,381円となっています。
ちなみにiPhone4/32GBだと、上限36,500円、下限17,381円!

 

しかも分割ではなくて一括で買い取ってもらえるのだし、
これだと明らかにソフトバンク以外に下取りに出したほうが得という結果に?

 

ただし業者の下取り価格も変動する可能性が十分あるのでまだまだわかりませんが、ソフトバンクの下取りプログラムに飛びつくのはどうかなと個人的には思います。

 

正直、下取りプログラムが終了する11月30日以降にはまた何か新たなお得プログラムが発表されるかもしくは下取りプログラムが継続されるような予感がするんですよね。

 

新しい機種が出た時には様々な不具合などが出ると思われるので、本当はすぐにでもiPhone5を手にしたいけれどジリジリしながら見守っている私のようなユーザーはかなりいると思うのです。

 

そのユーザーを獲得するために新たなサービスを考えるに違いないと思います。
なので私の個人的な結論は、やはりしばらく見守ってから購入。ということになりそうです。

 

電子ブックを定着させた存在 iPad

 

appleからiPadが発売された当時、なんとおかしなものを発売しだしたなと私は感じ、Newtonのことを思い出したことを覚えています。iPhone買取 iPad買取 成約率NO1
いったいこんなものをどう生活の中で活用すればよいのか、全くイメージが湧きませんでした。その当時はiPhoneが順調にシェアを伸ばし、単に大きなiPhoneを作ったかのように感じられたからです。

 

iPad発売のすこし前、amazonから発売されていたKindleが発売され、にわかに電子ブックが流行の兆しを見せていました。いま普及の現状を見るとどうでしょうか、まさかこれほど定着するかと思うほど生活に馴染んでいることに驚くはずです。当時の私は電子ブックについて未来のイメージが乏しかったようです。

 

ネットブックのシェアをあっという間に奪い、メールやプレゼンツールとして業務用だけではなく、家庭でのインターネット閲覧やゲーム使用、もちろん電子ブックとして、果てはレストランではメニュー表示用デバイスに採用され、イベントなどでは独自アプリを入れ動く案内版として活躍するなど、ありとあらゆるところで活用されています。

 

使い道の豊富さ存在意義をユーザーにしっかり根付かせたiPad。今後普及するであろう電子ペーパーを迎える前に、iPadがタッチ操作のデバイスを一般ユーザーに広めたことは、足がかりとなって次の世代のデバイス進化に期待を持てるそんな予感がしています。

 

 

 

 

iPhone買取 iPhone4s買取はエコブック